皮膚の構造から

 表皮は肌の表面で保湿やバリア機能を担う層です。表皮の厚さはわずか0.1~0.3mmほどで、1ミリにも満たない薄い層です。肌作りの根底にあるのが表皮の一番下層にある基底層です。基底層で作られた表皮細胞(角化細胞)は、上層へと移行し、最終的には角質となります。角質は厚さ0.01~0.03mm程度と非常に薄い層ですが、水分を保持する役割や、外界から皮膚を保護するバリア機能といった役割があります。
 そして、その角質は最終的には古い角質(垢)となって剥がれていきます。このサイクルを角化(またはターンオーバー)といい、通常は約4週間~6週間(28~42日間)のサイクルで繰り返されているとされます。年齢を重ねるほどターンオーバーのサイクルは遅くなっていきます。
 ニキビ・吹き出物は、表皮層のターンオーバーに異常が現れることで引き起こされます。通常、表皮細胞は基底層で作られて表面へと押し上げられ、一定の期間を経て自然に剥がれていきますが、様々な要因によってターンオーバーが通常よりも進んでしまうと毛穴がつまるようになります。それが原因でニキビに移行します。

ニキビの変遷

  1. 初期ニキビで、白くプツっとした吹き出物が出てる状態です。専門用語ではコメドと呼びます。まだ炎症は起きていない非炎症性皮疹です。

  2. 白ニキビから皮脂分泌がどんどん進んで面皰の内側に角化物質、脂肪酸、アクネ菌などが充満し、皮脂が空気に触れて酸化し黒くなります。これが黒ニキビ、ブラックコメドと呼ばれるもの。初期ニキビから徐々に悪化しつつある段階といえます。

  3. ニキビがとうとう炎症を起こして腫れを伴っている状態が赤ニキビです。さらに炎症を起こしたニキビがさらに悪化し、毛穴に収まりきらなくなった内容物が周囲の組織にまで漏れ出ている上、膿を持ってしまうと黄色ニキビ(化膿ニキビ)となります。

主なニキビを引き起こす原因菌

 アクネ菌

ニキビ

  1. アクネ菌

  2. 特徴

    範囲が狭い。

  3. 原因

    性ホルモンのバランスがく崩れ、皮脂の分泌量が必要以上に増え、皮脂の汚れが排出できなくなる。

  4. できやすい場所

    主に顔で頬、顎、こめかみ、フェイスラインなど。

 マラセチア菌

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/445033/photo/1292532/

  1. マラセチア菌

  2. 特徴

    範囲が広いことが多い。

  3. 原因

    皮脂や汗が原因、一般的に皮脂や汗が多くなる夏に症状が悪化する人が多く、皮脂を好むマラセチア菌が増加し、症状が現れることが多い。

  4. できやすい場所

    額やこめかみ、頭皮、首、背中、胸など。

ニキビの治療法あれこれ

ラクトピール ★★★★★ 乳酸を中心としたラクトピールは皮膚に対して副作用を最小限に、効果が最大限になるオリジナルの溶剤を使用しています。活動中のニキビだけでなく完成されてニキビ跡に対しても改善がみられる。非常に安全に行える治療です。

ラクトピール症例

ホルモン製剤 ★★★★☆ ニキビが男性ホルモン過剰の原因などから、主に大人ニキビに対して男性ホルモンに対しての拮抗ホルモン剤を投与します。しかし、性ホルモン剤に対する拮抗剤のため妊娠の可能性がある女性に対しては使用ができないなどその後ことが心配になる治療法。
ピーリング剤 ★★★☆☆ 水溶液のグリコール酸(AHA)、TCAなどの酸を使用することによって細菌を死滅させることと皮膚再生を目的として用材を使用している。しかし、副作用として皮膚の薄化や化学火傷のリスクがある。
抗生物質 ★★☆☆☆ ニキビの原因菌に対して薬を投与します。抗生物質の投与を止めると再発することが多いまた抗生物質を投与し続けるとその菌に対して耐性菌ができてしまい、薬剤が効かなくなる。
ビタミンC導入 ★★★☆☆ ビタミンCは活性酸素を除去することができるため、炎症が起きにくい肌にする。そのことによって菌の繁殖を抑えることもでき、またビタミンCは皮脂の過剰な分泌を抑える作用もある。
レーザー類 ★★☆☆☆ フォトRFはアクネ菌が出す「ポルフィリン」という物質に反応し、殺菌する効果がある。ニキビ跡に対して行われるフラクショナルレーザーは肌に小さな穴をあけることによって皮膚再生を促す治療、しかし、回数の非常に多くかかりまた赤みが非常に出る。。

最新論文から

Correlation between the Severity and Type of Acne Lesions withSerum Zinc Levels in Patients with Acne Vulgaris
* BioMed Research International Volume 2014, Article ID 474108, 6 pages

要旨

 ニキビの患者はニキビのないコントロール群に比べ、血中の平均亜鉛レベルは低いが、有意差はなかった。しかし、血中亜鉛レベルとニキビの重症の患者には相関関係があるという報告です。
つまり、血中亜鉛レベルが低下すると、ニキビの発生及び重症化する可能性が考えられます。

 以前から亜鉛は皮膚のターンオーバーには不可欠な物質として知られていますので、尚のこと亜鉛の必要性を再確認できる論文と考えられます。