粉瘤(アテローム)

粉瘤(ふんりゅう)とは、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の下に溜まることによりできる良性腫瘍のことです。

症状は、はじめは皮膚表面に現れるごく小さなしこりですが、悪化するにしたがい、じょじょに大きな袋状へと変化します。 袋に穴が開き細菌感染を起こすと痛みや赤み、熱感が生じるため、迅速な排膿処置が必要となります。 初期症状が似ていることもあり、ニキビに間違えられることも多いです。 ただし、表皮にできるニキビは自然治癒しますが、粉瘤は皮膚の奥にできる腫瘍のため、自然治癒することはありません。

別名をアテロームや表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)ともいいます。

粉瘤(アテローム)の原因

ほとんどの粉瘤の原因は現状ではわかっておりません。 何らかの原因で皮膚の垢が皮膚の内側に蓄積してしまい、角質物質の周りの皮膚が皮膚の下で袋状に発達することで粉瘤として発生すると考えられます。 一説には、ヒトパピローマウィルスの感染、外傷などが原因ではないかとも言われています。

粉瘤(アテローム)の症状

粉瘤は初期の症状では、皮膚の下にしこりが見られることにとどまり、皮膚表面上には症状が現れないことが多いため、自覚することが少ないです。 よくニキビと勘違いされる方も多くいらっしゃいます。 ただ、小さいままでとどまるケースは少ない点がニキビとは異なります。 初めは非常に小さい袋ですが、角質や皮脂は袋の外には出られないため、どんどん溜まっていきます。 それに伴い、粉瘤も少しずつ大きくなっていきます。

粉瘤による痛みについて

粉瘤は、細菌感染が起こると痛みを感じることがあります。 細菌感染の治療のために抗生物質を使用することで痛みがなくなることもありますが、決して治ったわけではありません。 粉瘤は薬を飲んでも治らず、外科的に切除する必要があります。 痛みが気になる方はお早めに治療を受けることをお勧めします。 粉瘤が発達するに伴い、粉瘤には小さな穴が開いていて、そこに細菌が入り込むと感染を引き起こしてしまいます。 粉瘤の袋の中は、本来、免疫(体の中に入った菌などを排除する機能)を担当する細胞が入っていない構造ですので、細菌感染に弱いという性質があります。 特に気にして触ったり、潰したりするとそこから細菌に感染することがあるので触らないようにしましょう。

粉瘤は治療

粉瘤は良性の腫瘍ですが、粉瘤は皮膚の奥にできる腫瘍で、自然治癒することはありえず、切除する以外に完治はありません。 単なる、できもの、おでき、脂肪のかたまり、もしくはニキビ、脂肪腫と考え、特に気にしないまま放置している方もいます。 しかし、ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込む場合が多いのです。 もし粉瘤ができたのではないかと気づいている場合は、粉瘤・アテロームの手術ができる医療機関で速やかに手術で撤去することが大切です。

粉瘤は再発するのか

治療を受けた後の再発に関してですが、粉瘤(アテローム)は、殆ど再発することはありません。 しかし、炎症を何度も繰り返している粉瘤の場合、粉瘤の病片があちこちに飛び散っているために、どんな専門医であってもごくわずかに残ることがあるのも事実です。 また、手術跡から再び粉瘤が起こることも稀にあります。 いずれの場合も大きさが小さいうちに再手術をすれば、傷跡は小さいです。 そのため、気付いたらできる限り早く手術するべきだと言えます。

粉瘤を放置することの危険性

上記のように、粉瘤の症状はニキビと似ていることもあり、「自分で潰せそうだから、潰しちゃっても良いのでしょうか・・・?」というご質問を受けることがあります。 しかし、自分で潰すことは絶対に避け、専門の形成外科の医師を受診しましょう。 気になるからと言って無理に潰したりすると、穴から細菌が入り込み感染を招き、あっという間に2~3倍の大きさになり、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。 ほとんどは生死にかかわることがないですが、炎症を起こしたまま放っておくと命にかかわる病気を誘発することもあり得ます。 また自分で潰してしまうと、粉瘤の袋が周囲と癒着しやすくなり、傷跡が綺麗に消えにくくなってしまいます。 これは傷跡にこだわる形成外科の専門医師にとっては大変残念なことです。 名医であるほど炎症のない状態で手術したいとお話するはずです。 また、粉瘤は放っておくと年々肥大化します。 今すぐ体に異常を来すということはなくとも、早めに病院で専門医師の治療を受けることをお勧めします。

粉瘤(アテローム)手術方法

TJクリニックでは、物理的にも精神的にも、できるだけ患者様の負担が少なくなることを第一に考えております。 その結果、どのような手術の流れを採っているか、どのような手術方法を採用しているかといった点についてご紹介します。 TJクリニックは「くり抜き法」による粉瘤手術を採用 粉瘤切除の方法としては、「切開法」と「くり抜き法」の2つがありますが、当院は「くり抜き法」を採用しています。 その理由は、切開法に比べて傷痕が小さくなること、抜糸の必要がなく患者様への負担が少ない手術法であることが挙げられます。 では、くり抜き法はどのような流れで行うのでしょうか。